▼ MENU

セミナー参加せざるを得ないステップー4

  | カテゴリ: イベント集客

こんにちは!
 

男性は走る時になぜ親指を立てるのか?
未だ謎が解明できない中村です。




   バ〜っと集客した後には顧客育成

 

 

前回までは、

1.潜在客層が必要としていることを理解する

2.必要としていることを情報コンテンツにする

3.潜在客を集める、見込み客化のスイッチを入れる



ここまでお話してきました。
それでは今回はシリーズ最後の




   見込み客化のスイッチを入れる

 
 

顧客育成についてお話します。




追客の本質は・・

工務店の集客は
まずは資料請求されることですが、


引き合いを得た後、

あなたは顧客フォロー
すなわち追客は
どのようにしていますか?



電話、訪問、メール、
DM、LINE・・



各社それぞれの得意分野で
『追客』を行っていると思います。

今の方法で成果が出ていれば
それはそれで良いのかもしれませんが



追客をする上で重要なことを
決して忘れないでください。

 


   追客の本質は、顧客育成です

 
 

資料請求後の次のステップの
ただの営業活動とお考えでしたら
それはむざむざ見込み客の卵を
自らの手で握りつぶしているようなものです。




ひとつの長い階段

集客、追客、接客。



工務店の営業は
大きく3段階に分かれますが



   それぞれ独立したものではなく
   踊り場もなく
   ひとつの階段のように 

   契約までずっとつながっているもの

 

資料請求をした直後のお客さんは
どんな心境、心理でしょうか?
人それぞれ違いますよね?



一括資料請求で行動した
『なんとなく客』かもしれませんし、
最初から本気モードの方かもしれません。



つまり長い階段のどの位置にいるのかは
蓋を開けてみないと分からないのです。



この暗闇を手探りで進むような状態において
すべて一様の対応で安定した成果が得られるほど
今の時代は甘くありません。



ではどうするか?



階段のどの位置にいても関係なく、
お客さんが自発的に
登ってくれる仕掛けをしておくのです。



要はお客さんが喜んでくれるような
贈り物をあげるのです。



贈り物とは、
ここでも情報です。



「情報ってそんなに価値があるの?」

 

もらって一番嬉しくて

それでいて『こんなん貰ったら悪い・・』
というような物質的な申し訳ない感も生まれず

あなたとしても特にコストもかからず、

 
 

とにかく皆にとって都合が良い。
それが情報です。

 


お客さんにとって家づくりは
調べるほどに結局何がよくてダメなのかが
分からなくなるものです。



それを整理してあげるんです。
これだけでも助かるんですよ。

 
 

今、ネットでも
『まとめサイト』って人気がありますよね?
一つのテーマに関して解説している、あれです。

 

分からないことを知りたくて
これさえ読めば解決すると読みにくるのです。


頭がゴチャゴチャしていたのが
スッキリしてくると、
それだけでもこの情報を
受け取っていて良かったと思うものです。




ファン化 = 顧客育成

あなたが提供した情報で
お客さんのモヤモヤが晴れる。
 

 

あなたがスッキリさせてくれたという事実が
お客さんの脳に刻み込まれます。



  あなたのファンになる
  それを意図的に。
  これが、顧客育成。

 
 

それを厭味なく、
自然にやってのける方法があります。

 
 

結論から言いますと、
ステップメールを使います。



ちなみにステップメールとは、
あらかじめシステムに
メールをセットしておき、

お客さんのメールアドレスを登録すると、


資料請求をしてから
3日後の夕方6時に1通目。



というように任意のタイミングで
順番にメールを送ることができるものです。

メールアドレス毎に対応するものなので
同時に大勢のお客さんに対応できるわけです。



資料請求直後で意識が高いはずだから
よし、最初の3通はグッと
心を掴むようなとびっきりの
お役立ち情報を提供しよう・・



7通くらいから中だるみに
なるかもしれないから
気持ちが盛り上がるような
情報を出してみようか・・



というように階段を一歩ずつ
上へ登ってもらうには
どうしたらよいかを考えて
シナリオを作っていくのです。



お客さんの気持ちや欲しい情報は
何かを考えながらシナリオを作ることで
受け取るだけで自然とお客さんの頭の中が
整理されるものになります。



こういう状態になると、
お客さんにとって、あなたは頼れる人なんです。
信用できる人になるのです。

 
 

しかも、一切触れることなく。




追客を自動化

一見、面倒そうに見える戦法ですが、

仕組みさえ作ってしまえば
あとは集客して流し込むだけの
単調作業になるので営業はとても楽になり、



また、営業マン個人の資質に
一切左右されなくなり、
成果も安定してきます。

 
 

  そんなに上手くいくわけがない



と思われる方もいるかもしれませんが、
実際にこの仕組みを完成させることで
私のクライアントで成功を手にしている方が
増えてきています。



実際に予約制の見学会は満席。
新規客が毎回5組は来場。
最初は0件だったセミナーに予約が入るようにはどなど。



ある方は驚いています。



「仕組みってこういうものを言うんだね」と。

 
 

今なかなか成果が出ないという方は
集客からコンテンツ提供、
ステップメールによる自動化を
ぜひ検討なさってみてくださいね。

 


最新記事

著書紹介
お問い合わせ
お申し込み

工務店集客を学ぶ

サブメニュー一覧

会社情報

電話番号

054-266-5675

所在地

〒422-8034
静岡県静岡市駿河区高松1-13-3-307