▼ MENU

なぜ小冊子で成果が出るのでしょうか?

それは、お客さんの気持ちを考えれば答えが出ます。


子供の頃、時間を忘れ、おやつも後回しにしてファミコンの攻略本を夢中になって読みませんでしたか?

家づくりを考えている人は、まさにその状態。家づくりに夢中なのです。攻略本さえあれば、いくらでも進んで読んでくれるのです。


小冊子は、あなたの工務店の攻略本、教科書です。
家づくりに夢中になっている人に渡せば、自ら進んで勉強してくれます。

逆を言えば、教科書やドリルがなければ勉強はできません。
勉強をする準備ができている人には、きちんと教科書を渡すべきなのです。

勉強すると分からないことが出てきます。
だから打ち合わせでは、『質問』が主になるのです。

質問に答えるのは簡単です。
自社の特長を知らない人なんていませんから。

営業トークがいらない、営業マンの質に頼る必要がなくなる、結果的に営業が楽になるのです。

資料請求されるのは、1回。

このたった1回の接触で気に入られる必要があります。

資料請求はチャンスです。
チャンスは掴まなければいけない。このチャンスに気付けるかどうかで勝敗が分かれます。
では、あなた専用の教科書とはどういうものを作れば良いかお話ししていきます。

有限会社水田建設様より動画メッセージをいただきました!

なぜ多くの工務店が資料請求の後、続かないのでしょうか?

工務店集客の最強ツール、小冊子

答えは簡単です。
工務店の候補を探すのは奥様。
その奥様の心をつかんでいないからです。


男性と違い、女性は理論を好みません。
見た目や感覚で分かるものを求めています。
●●構法だから、Q値がC値が… という視点では選ばないのです。

自動車のCMを思い出してみてください。
女性をターゲットにしたかわいらしい軽自動車は、 そのかわいらしさを強調するような、 イメージ優先の構成になっています。

対して男性が好む車は、●●エンジン搭載、●●馬力等、 スペックをずらりと並べています。

あなたはどのような資料を送っていますか?
住宅の仕様を並べただけのパンフレットや、写真だけの施工例ではありませんか?

なぜ、パンフレットや施工例ではダメなのでしょうか。

工務店集客の鉄板ツールは小冊子

お叱りを受けるかもしれませんが、お客様の目線でいうと、 資料は一度に複数社、請求します。
パンフレットや施工例を見ても、どの会社も同じように見える。
違いが分からないのです。

家づくりは、奥様主導です。
奥様の中で候補に残らなければなりません。
女性の心を掴むには、パンフレットだけでは駄目なのです。

その他大勢からの脱却。

「なぜ、自社をアピールしないんだろう」
私は今まで、職業柄たくさんの資料を見てきました。
その度に感じることが、このことです。

配られる資料は、まるで相談をしたかのように、住宅の工法や仕様、施工例。
家づくりを考えている人は、 送られてきた資料から、どの工務店に話を聞くか「選ぶ理由」を探しています。
なのに、そこに気付かず周りと同じような資料を送る。

資料請求は同時に複数社します。
他社と同じような資料を送り、自ら「その他大勢」に紛れ込む。
その結果、お客様の記憶に残らない。
資料請求後、なんの反応もない。
これが、資料請求されてもその後が続かない理由です。

「資料でアピールしてはいけない」なんてルールは、どこにもない。

むしろ営業職の私からすると、なぜそこでアピールしないのか不思議で仕方ない。
あなたの会社にも、たくさんのダイレクトメールが届くと思います。

・導入例と価格表だけのもの

・価格表と、このシステムを取り入れたら、どのようなメリットがあるか、 どのような結果が待っているか、しっかりと説明がしてあるもの

この2通が届いたら、あなたはどちらを選びますか?
私だったら、間違いなく後者を選びます。
資料請求後のフォローや問い合わせから営業を開始する。
これでは遅いのです。

なぜ小冊子なのでしょうか?

それは、文章があなたの強みを最も伝えやすいからです。
しかも、読んでいる人は、営業をされていることに気付きません。
なぜなら、自分で請求した資料を読んでいるだけだからです。

今さら小冊子!?小冊子って効果無いでしょ。
そもそも、読んでくれるの? と思われたかもしれません。

結論から言います。
資料は、自らの意思で請求するものなので、面白くてためになれば、読んでくれます。

私は、クライアント毎にオリジナルの小冊子を書いています。
あなたの会社でしか通用しないものを、あなたの会社の営業マンになったつもりで、 書き上げています。
部分的にちょっと変えて使いまわす・・なんてことはしません。

なぜなら、工務店の強みは、各社それぞれ違うからです。
誰にでも通用する小冊子なんて意味がありませんし、 そもそも、お客様はそのようなものは望んでいないのです。
私はお客様、特に奥様に読んでもらえる小冊子を作成しています。

奥様に読んでもらうために、「私だったら・・」「これを取り入れたら・・」と、 イメージが膨らむよう書き上げています。

「こういう工務店なのか~」
とあなたの会社を理解してくれた奥様は、
「何件も資料請求したんだけどね、この工務店、~~なんだって。 今度イベントをするらしいから、行ってみようよ」 とご家族にプレゼンしてくれます。

これが集客用の小冊子です

これが集客用の小冊子です

あなたが知っている小冊子とは、まるで内容が違います。

あなたが得意とすることをしっかりとアピールします
スーパー営業マンが対面営業しているかのように書き上げます
会社の魅力を伝えることで納得した人だけが問合わせてきます
よくある疑問に先に答えておくことで営業効率が上がります
プロのイラストレーターが専用に描き起こします(※)
写真やイラストで視覚的・感覚的に理解できます(※)
お客さんが書き込めたり、打ち合わせ資料として使えます
現代人が馴れている、読みやすい横書きのA4サイズ

※デザインパックです
 

あなたの会社の魅力を伝えるためだけに
専用設計された小冊子です。

小冊子のサンプルをご用意しています

まずは無料のサンプル請求を

女性に読まれる小冊子といわれても、ピンと来ない方もいらっしゃるでしょうし、 298,000円のサービスをいきなり申し込むのはちょっと… とためらわれる方もいらっしゃるでしょう。

といいますか、 私だったら怖くて ホームページを見ただけでお申し込みボタンをポチなんてできません。
ですので、小冊子の雰囲気を知ってもらえるよう、サンプルをご用意しました。

私が書き下ろし、クライアント様が資料請求をされた際、実際に送っているものです。

1.小冊子1話分:デザインパック
2.元となった原稿1話分
3.小冊子の「はじめに」に該当する部分:原稿パック
4.原稿パックで納品後、お客様ご自身でデザインを入れたもの

もちろん無料ですし、 サンプルを申し込んだからといって、契約を迫るようなことはしません。
私自身しつこい営業は嫌いですので、どうぞご安心ください。

※ただし、会社名と送付先の御住所が明記されている方のみとさせていただきます。

工務店集客無料セミナー&小冊子サンプルプレゼント

工務店の必須集客ツール

工務店に最適な資料は、小冊子です。
小冊子といっても、あなたの会社でしか使えない、完全オリジナルのものです。

弊社はこういう会社です。
○○が得意で、これなら誰にも負けません。
■■が不安なのですね?
弊社では▲▲できちんと対策しています。
さらに◆◆もしていますので、どうぞご安心ください。 という内容にします。

あれ? これってなんだか聞き覚えがありませんか?
そうです。
お客様を前にしたときの、営業マンの話の内容と同じなのです。
私は小冊子を、御社の営業マンの代わりとなるように書き上げています。
資料は、お客様が自ら望んで取り寄せるものなので、 スッと頭に入るような内容であれば、きちんと読んでくれます。

小冊子は営業マンです

営業マンがお客様を前に会社を猛烈にアピールしたら、 よほど有能な営業マンでない限り、お客様は離れてしまいます。

人は営業されることを極端に嫌います。

しかし、小冊子の中で猛アピールしても、お客様はそれに気付きません。
だって、届いた資料を読んでいるだけなのですから。

むしろ隅々まで真剣に読み、 「こういう工務店なのか~」 とあなたの会社を理解してくれます。
ここまできて、やっと奥様は、
「何件も資料請求したんだけどね、この工務店、~~なんだって。 今度イベントをするらしいから、行ってみようよ」 とご家族にプレゼンしてくれます。

旦那様は、奥様の意見に反対しません。
「お前がそう言うなら、一度話を聴いてみようか」 と、重い腰を上げてくれます。
小冊子を営業マンと捉えると、 オリジナルでなければならない理由がお分かりいただけると思います。

工務店集客無料セミナー&小冊子サンプルプレゼント

集客用小冊子の内容は?

肝心の小冊子の内容は次に挙げるものをベースにします。


 

あなたの会社が得意としているところ
誰にも負けないぞ!と言えるところ
よく寄せられる質問
お客様との打ち合わせ時に出てくる疑問

お客様は、小冊子が欲しいのではなく、あなたの会社を知りたいのです。
営業マンの代わりとなるべく、あなたの会社を徹底的にアピールします。

小冊子はベテランの住宅営業マン お客様の抱える不安や悩みを、あなたなら解決できることを知ってもらいます。
数ある住宅会社の中で「ここは何か違うぞ」と興味を持ってもらうのです。

文章だけでも読んでくれますが、 ここにイラストを入れることで、 更に効果が上がります。イラストを見ただけで、そのページに何が書いてあるか分かる、 その後に文章を読んで、理解を深める。
という流れが理想です。

選べる3つの料金体系(小冊子)

あなたの会社の売上を伸ばしていくための戦略を考え、その戦略に則した小冊子、ステップメールを弊社で御用意致しております。
料金等の詳細はお問い合わせください。

お支払い方法

銀行振込み

お問い合わせはこちら 》》

工務店集客無料セミナー&小冊子サンプルプレゼント

集客用小冊子の限界と営業強化ツールとは?

ただ、『小冊子だけだと、ちょっと弱い』

小冊子を読み終えた頃を見計らい、勇んで電話営業! という気持ちも分かりますが、それをしていいのは、やはり有能な営業マンだけです。
この段階でさえ、お客様は営業すると逃げてしまいます。

でも、このままだとお客様に忘れられてしまうかも・・。
できるだけ自然に接触したい!

そこで、ステップメールを定期的に送ります。
資料送付後に活躍する営業ツール。
いわゆるフォロー営業に該当する部分です。

ステップメールは「忘れられないために」送る

ステップメールで情報を発信し続けることで、
お客様に忘れられないようにするという大切な役目を持っています。
ステップメールは効果が出ないという人もいますが、それは間違いです。
充実した内容であれば、きちんと読んでくれ、行動に移してくれます。
ステップメールの内容は、小冊子で伝えきれなかったことを書きます。

ステップメールとは?

工務店集客ステップメール

ステップメールとは、事前に用意しておいたメールを 決められた順番、設定したタイミングで登録したメールアドレスへ自動で送信するツールです。

例えば、全10話のメールを1話から順に3日おきに送る、という設定ができます。
内容は、小冊子に載せ切れなかった会社のアピールポイントや、よく寄せられる質問、打ち合わせ時にあがるお客様の疑問などがよいでしょう。

ステップメール執筆代行サービスの料金

ステップメールは長い文章を書く必要がないため、 ご自分で書かれる方もいらっしゃいます。
時間がもったいない、人手が足りない、ということでしたら、 執筆代行いたしますので、ステップメール執筆代行サービスをご利用ください。
7話〜10話構成にする方が多いですが、 こちらは打ち合わせをした上で構成数を決めますので、ご安心下さい。料金等、詳細はお問い合わせください。


お問い合わせはこちら 》》

よくあるご質問

Q.小冊子・ステップメールを実践するだけで受注できるのですか?

さすがに、それだけで受注というわけにはいきませんが、ただ、小冊子、ステップメールのあとに問合わせ・面談を希望するお客様は増えるはずです。

これまでの例を見ると、 読後、
ここを詳しく知りたい。 この内容で本当に間違いないのか?
といった質問を受ける傾向が多いです。

結局対応をしないといけないのか・・と思われそうですが、 あなたの会社のベースの部分を既に知っています。
営業マンが一から説明する必要は無くなりますし、あなたの会社をもっと知りたいからこそ、連絡をしてきています。

資料送付後のお客様の反応が良く、また会社を好意的に見ていてくれることで、契約までが小冊子使用以前よりスムーズに運ぶということです。
ですので、売り上げを伸ばす為の強力なツールだとお考えください。



小冊子作成代行なんて元手が掛からないから安くできるんでしょ?

いいえ・・ 私はこの小冊子を、営業マンの代わりだと考え、書いています。
小冊子では、営業マンの代わりに会社の魅力を伝えます。
このような詳細を綴った資料を使っている会社は少ないです。

ということは、お客様の印象に残りやすい。
もっと知りたいと思ったお客様は、自ら、問い合わせや面談を希望してきます。
その時には、すでに通常初回面談のときに話しているようなことは小冊子を読んで知っているので、営業マンは次のステップに進みやすくなります。

また初期の対応が減るということは、営業マンの負担も減る、ということです。
この部分を担当する営業マンを一人雇ったと考えたときに、 小冊子の価値を感じてもらえればと思います。
また、ぜひ同業他社の価格を調べてみてください。
いかに弊社のサービスがリーズナブルかがお分かりいただけるはずです。
この価格を実現できるのは工務店の集客に特化しているからこそです。
(2018年以降、大幅な価格改定を行うため現状、価格は非公開です)



返金制度はありますか?

大変申し訳ございませんが、ありません。
すでに実績もあり、内容に自信を持ってご提供しておりますが、ビジネスですので100%は存在しません。
厳しい言い方になりますが、始める前から返金をお考えになる方とはビジネスをしたくないというのが正直なところです。
ただ、どうしたら100%に近づけるかを共に考え、前進していける。
そんな関係を築きたいとお考えの方には間違いなく最高の結果が待っています。ご期待ください。



工務店マーケティングコンサルタントからのアドバイス

「親切に教えてくれるいい人」で終わらせないために

ステップメールやニュースレターに、 見学会や勉強会などのイベント案内を添えましょう。

冬でも素足でいられる、ぬくもりの家
●月●日開催決定 木の魅力をぜひ体感してください


というように、して欲しい行動を具体的に示すのです。
あなたの会社を好意的に感じてくれていても、 次のステップに行くには、何かきっかけが欲しい!
と考える方が多くいらっしゃいます。
きっかけを作ってあげることで、お客様は行動しやすくなります。

生き残り、そして生まれ変われる工務店になるために。

売れる仕組みを作る

どんなにお金をかけても、その後が続かなかったら、
そこにかかった費用はドブに捨てることになります。


住宅業界に限らず、 多くの経営者は、集客さえすれば、売り上げが上がると信じています。
集客後のことを考えている人は、あまりいません。

これは言い換えると、お客様の心理を考えている人が少ない、ということです。

お客様は、あなたの会社に興味を持って来てくれたのです。
渡された資料が、通り一遍の特徴のないものだったら、 お客様はすぐにあなたの会社のことは忘れてしまいます。

そうならないためにも、お客様の興味をひける資料を持ち、 無理なく一歩ずつ階段を上ってもらえるように、 しっかりと準備をしてから、集客をしましょう。
そうすることにより、 広告費を無駄にすることなく、 効果的な集客ができるようになります。


著書紹介
お問い合わせ
お申し込み

工務店集客を学ぶ

サブメニュー一覧

会社情報

電話番号

054-266-5675

所在地

〒422-8034
静岡県静岡市駿河区高松1-13-3-307