▼ MENU

ホームページ屋が集金人にしか見えない社長様へ

「頼むから更新の度にチョコチョコむしり取るのはやめてくれ!」

「え、しかも3週間!? それじゃ見学会、終わっちゃうじゃない!」

それなら自分で更新すればって、あんまりじゃないか・・?

変わらなければ、来年も5年後も今のままです。
『生き残る』より、『生まれ変わる』。
社長の熱意を売上につなげるには社員の力が不可欠です。
助成金を活用し、社員個々の戦闘力を高める工務店が今、増えています。

キャリア形成促進助成金を活用

多くの工務店が抱えている悩み

工務店のホームページは施工例、見学会告知ページなど、実に多くの更新作業が必要となります。
更新の度に発注をするとなると、その費用もバカになりません。
時間だってそうです。

しかも、ホームページ屋の都合で納期は3週間先なんてこと・・
よくある話です。
スピード感が求められる昨今、

更新していないホームページ = 流行っていない工務店

の烙印を押される時代です。

ですが、もし全作業を通常業務に支障をきたさず、 社内でスピーディーに行えるとしたらどうでしょう?

更新情報を待ちわびているファン客、 評判を聞いてアクセスしてきた新規客に対して 伝えたい情報を伝えたい時に発信することができるようになります。

また、これまで更新の度にチョコチョコとむしり取られていた手数料を広告費に回すことだってできます。
仮に更新作業で5,000円掛けていたとしましょう。

その費用を集客に回せば、家づくりを考える20人程度のユーザーをホームページに連れてくることだって可能
です。

今は、ホームページで集客する時代です。

その大事な集客の母体を人任せにすることで、むざむざ商機を逃していることをあなたも十分お気付きのことでしょう。
しかし、現実には多忙極まる日常に加えて、 猫の目のようにクルクルと移りゆくインターネットの世界。

「今はFacebookですよ」
「LINEの方が流行っていますよ」
「いや、全部しなくちゃダメですね」

いったいどれを信じて走ればいいのか分からない・・。
最新情報が多過ぎてワケが分からない・・。
インターネット用語が難しくて勉強する気が失せてしまう・・

結果、「ウチには向かないから」 と諦めてしまう工務店も少なくないのが現状です。
でも、周りを見回してみてください。

あなたと同じくらいの規模で繁盛している工務店のホームページ情報はここ1ヶ月でどれくらい更新されているでしょうか?
そして、会社の活気はどうでしょう?
明るい活気に満ちていませんか?

所帯はウチと変わらないはずなのに・・なぜ?

なぜ、彼らが上手くいっているのでしょうか?
それは、集客に必要な正しい手順を教わり、 自社でそのすべてを無理なく無駄なく実行できているからです。

そう、自力で集客できる仕組みが完成しているのです。

助成金の活用で集客力が加速する

遅々として進まないストレスとは無縁の世界。
必要な作業を必要なタイミングで投入できると、
ビジネスは驚くほど加速します。


集客には正しい手順があります。
また、手順を守ることで仕事の能率は格段に上がります。

しかし、この重要なことを教えてくれる人が殆どいません。

これは登山と良く似ています。
頂上を指さして「あそこを目指します、頂上で会いましょう!」と放り出されても困りますよね?

道を間違えば頂上には着けませんし、場合によっては遭難することだってあります。
登る前にきちんと地図を見てから頂上を目指す。
これが登山です。

社長であるあなたの後ろには、社員が並んでいます。
あなたが迷えば皆、頂上には着けません。

ですが、地図があればどうでしょうか?
迷わず最短距離で登頂できますし、ペース配分だってできますよね。
 

施工例やイベントの見せ方、ブログの書き方にも正解があります。
正解が最初に分かれば、実行するのはとても楽です。
 

そして、事前に社員たちに地図を見せることでより効率良く進むことだってできます。
社員個々人の適性を活かし役割分担を決めることで、これまで気付かなかった個人の能力が開花するかもしれません。

登山をひとつのプロジェクトとして捉え、
皆で力を合わせて成功させるにはどうしたらよいかを考えることで社内の結束も固まるでしょう。


自力集客の要であるホームページは、作って終わりではありません。
そこから成長させられるのです。

『結婚はゴールではなくスタート』

使い古された言葉ですが、これと同じです。
どんなに良いサイトが出来上がっても、
それを成長させなければ、そこで成長は止まります。

 

社長ひとりが全てを背負うのではなく、社員皆が何のためにこの作業が必要なのかを理解する。
みんなで分担することで個々の作業は軽くなります。
作業自体が軽く感じられるものであれば長く続けることができます。

登り切った山の頂には、どのような景色が広がっているでしょうか。
不思議なもので一度、上昇スパイラルが回り始めると、社内が活気に包まれます。

自分たちの力で会社が大きくなっていく。
この実感を味わえば、それは大きな自信となり、
社員の士気はグングン高まって、
そして、それはお客様にも伝わります。

売れるから社員の知識・経験、スキルが伸びていくのではありません。

社員のスキルが高まるから、売上が伸びるのです。


何のためにホームページを持つのか、その役割は?
どうやって集客すればよいのか?

全体像を俯瞰した後に具体的な手順の落とし込みに入ります。
さらにそこに最新の情報を加え、どう実践していくのか?
社長が広げた大きな地図に具体的な道筋を描いていく。

これが繁盛工務店が必ず行っていることです。
しかし、一口に社員のスキルアップに投資をすると言いましても、他社を交えた合同セミナーである場合、会社ごとに背景が違いますのでセミナー内容に満足がいくケースは稀です。

しかも会場は大都市ばかりであったり、そもそも社員総出で参加というわけにもいきません。
代表で参加した方が持ち帰ったとしてもレポートに回覧印を押すだけで浸透しないケースが殆どです。

本気で全社的にスキル向上を目指すのであれば、あなたの会社専用に研修カリキュラムを作る必要があります。
そして、できれば遠くの会場ではなく近所で受けられたらベストですよね。
 

あなたの会社専用オーダーメイドの研修を出前します。
そして、お代には助成金を遣います。
 

「助成金ってよく聞くけど、結局なに?」

経営者が時としてため息をつきながら毎月支払っている雇用保険。
雇用保険は、スポーツクラブの会費のようなものです。
高い会費を払っているのに、利用しなかったらもったいないですよね。

助成金は、
「徴収している雇用保険の一部を、社内のスキルアップや環境改善等のために還元しようじゃないか。だからジャンジャン申し込んでね
」と厚生労働省が言っているのです。


そう、助成金を利用しない手はありません。
オーダーメイドの研修には、その助成金を遣えます。


具体的な助成額は、研修にかかった費用の最大50%です。
使用する助成金は厚生労働省のキャリア形成促進助成金
社員のスキルアップのための研修に対し、助成されます。

たとえば社員4人で研修を受けた場合、ネットお任せプランの価格で『最適最新・自社で再現可能なマーケティング研修』を受けられるのです。
そう、研修費用の60万円が丸々戻ってくるのです。

マーケティング研修と聞くと難しいと思われがちですが、誰でも実践できるものです。
逆を言えば、実践できなければ受ける意味はありませんよね?

研修内容は、自力集客に必要なものに加え、
あなたの希望するものを組み込みます。

助成金の活用で集客力が加速する

「助成金って本当にもらえるの?」
 

以下の条件を守れば必ず貰えますし、返還の義務もありません。

雇用保険の加入業者である

 

研修を受けるものが被保険者で且つ正社員である(社長は雇用主だから除く)

 

中小企業である

 

会社都合での解雇が無い(過去6ヶ月以内から研修終了日まで)

 

最低賃金を割るなどの労働局から怒られるようなことをしていない

 

社員のスキルアップに必要な研修を受ける

マーケティング研修を受けたいと思っている方は実はとても多いです。
しかし、「できれば広告費に使いたい」
と広告を優先してしまうのが現状です。

もちろんこれは経営者として当たり前の判断です。
しかし助成金を活用すれば、
今まで受けたくても受けられなかったマーケティング研修が受けられます。

一度身に付ければ、
今後ずっと使える知識やスキルという資産を研修で手に入れてください。


生き残るより、生まれ変わる。
 

前者は現状維持が天井の発言であり、緩やかな衰退への入り口に過ぎません。
しかし、後者は違います。
この前向きな姿勢こそが、厳しい時代を生き抜く唯一の活路となると私は信じています。
繁盛工務店ならば必ず身に付けているスキルが今なら助成金を遣うことで手に入れられます。

ぜひこの大きなチャンスを逃さないでください。
まずは無料相談からお試しになりませんか?
あなたからのご連絡をお待ちしております。

あなたの会社専用カリキュラムを無料でご提案します


助成金って難しそうだし、面倒そう・・

ご安心ください。
弊社は助成金を扱う専門団体に所属している関係上、本来必要とする膨大な資料の作成や煩雑な手続きが不要です。しかも、申請までいけば100%通すことが可能です。

手筈はこちらで整えますので、実際にあなたにお願いする作業はごくわずかです。
ですので安心してお任せください。 

毎月限定3社様となりますが、
無料で御社専用のカリキュラムを提案し、
具体的に幾らくらい助成金が申請できるのかなどのシミュレーションをさせていただきます。

下記フォームより、お気軽にお申し込みください。 


決裁権があり直接ご相談できる方

例)054-266-5675
先に郵便番号を入力しますと簡単です
代表者を除く

著書紹介
お問い合わせ
お申し込み

工務店集客を学ぶ

サブメニュー一覧

会社情報

電話番号

054-266-5675

所在地

〒422-8034
静岡県静岡市駿河区高松1-13-3-307